QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あんこを作ったよ。

自家製たい焼きとかアイスとかで度々登場する『あんこ』
うちの作り方を紹介しますね


一般的に、豆は一晩水に浸す。
2~3回は、アク抜き・渋抜きのため、茹でこぼす。

この2点ですが、わたしは小豆の場合はしていません
豆を洗い、そのまま茹で始めます。
そして、お湯を捨てることなく、最後まで作っちゃいます。


面倒だから・・だけでなく(実際面倒ですけど)理由はちゃんとあるんですよ。
(ネット情報の受け売りですけど)


水に浸さない理由は、
小豆は皮が固く、一晩つけたくらいでは個々の豆でムラが出てしまう。

茹でこぼさないのは、
小豆にはポリフェノールやミネラルが豊富で、茹でこぼすことにより、それが流れてしまうから。
新しい豆なら、アクはほとんど出ないし、気になるならお玉ですくえばOK


・・・と、なるほど納得な理由があるんです。
楽できる情報は、即採用



というわけで、わたしの作り方を紹介しますね。

使っているのは土鍋。




【1】
小豆を水で洗い、小豆の3倍量くらいの水を入れて火にかけ、
沸騰したら、弱火にして5分くらい経ったら火を消して放置。






土鍋は火を止めてからも保温調理してくれるので、
しばらくすると、豆もだいぶ大きくなって、水も見えないくらいに少なくなっています。
ポットや保温鍋を使っても良いですね。



【2】
そしたら、ひたひたに水を足し、火に掛け、
沸騰後、弱火で20分もすれば柔らかくなっていると思います。
指でつぶしたり、つまみ食いしたりして確認して下さい。



【3】
充分柔らかくなったら、
テフロンのフライパンに煮汁ごと移し、砂糖を加えて煮ていきます。





砂糖を加えると水分が沢山が出てきますので、木べらで混ぜながら水分を飛ばしていきます。
フライパンだと焦げ付かずラクチン





もったりしてきたら、塩をひとつまみ(親指と人差し指でつまむくらい)
加えて、豆を潰しながら混ぜていく。





少しゆるいかな~くらいで出来上がり。
冷めると硬くなりますので、ゆるいくらいで。






全部の作業を一度に、、と思うと、そんな時間無いわ~って話しになりますが、
【1】【2】【3】を、分割して作れば大丈夫!

朝御飯の支度をしながら、【1】を、
後片付けをしながら【2】を、
夜御飯の支度をしながら【3】を、、って感じに。


もっと簡単に、炊飯器で作る方法もあるんですね。
今度ためしてみます


コメント

Re:あんこを作ったよ。(01/25)  

こんばんは~
めんどくさくて、あんこは袋入りや缶いりのを買っちゃうけど
自分でつくると自分好みのにできていいね~。
水に浸さない、茹でこぼさない理由も納得だよ。
おソロの茄子のふきんが出てきて、なんか嬉しい。

Re[1]:あんこを作ったよ。(01/25)  

tomoさん こんばんは~
甘さとか添加物とか考えると、手作りも良いもんだよ~
すごく沢山できるから、一度作れば当分甘いものには困らないし(笑)
ポリフェノールとか、説得力あるでしょう?
茄子のふきん、米七さんのだよね。
前にtomoさんの記事で見て、うちにもあるーーーって喜んだ(^^)
注文した時は期待してなかったけど、意外にもすごく可愛くて、お気に入りなんだ~^^
Secret

検索フォーム

リンク

フリーエリア

楽天で探す
楽天市場







ハンドメイド材料のお店

プラスチックホックのお店
スラージュさん


激安の手芸材料のお店
手芸ナカムラさん

素敵な型紙と生地のお店
filerさん

糸やアクリルテープのお店
糸通販鈴富さん

手芸用品やDIY工具のお店
モンジュSHOPさん

各種手芸用品のお店
オカダヤオンラインショップさん

ポイントサイト

ハピタス
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
Gポイント
Gポイント
げん玉

ライフメディア
ライフメディアへ登録
ECナビ

ちょびリッチ
サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。